もしかして自分のこと!?ネットに悪口を書かれている!

ネットの誹謗中傷対策を考えよう!

人には好き嫌いの感情がありますよね。本当は本人に言いたいことがあるけれど、目の前では言いにくいと思う時、ネットに悪口を書く人がいます。匿名で書き込むことが出来る世の中では理不尽なことが起こるのです。本人に言うことが出来ない卑怯な行為で、人としては許されることではありません。悪口を書きこまれた人よりも、悪口を書き込む人の方が人間性が悪いです。実際に被害に遭うことは、誰にでも起こりうることなので、普段から誹謗中傷された時の対策を考えましょう。

自分の名前を検索してみよう

インターネットに悪口を書かれていたとしても、普段は見ていない人は気づかないことが多いです。仕事をしている人は、インターネットの掲示板など見ている暇はありません。友達や家族から指摘されて気づく場合が多いのかもしれないですよね。何か悪いことを書かれているのではないかと思うなら、自分の名前を検索してみましょう。特に何も書かれていないなら、被害はないと思っても良いです。しかし、悪口が書かれていたなら保存しましょう。

意外に身近な人物かもしれません

悪口を書かれていると疑う時は、自分にも思い当たることがあるはずです。例えば、交際相手と別れたばかりだったり、自分から酷い振り方をしてしまった場合と言われます。友達と関係がうまくいっていないと感じる人も、もしかしたらインターネットに悪口を書かれているかもしれません。意外に身近な人物から、誹謗中傷を書かれている場合が多いので、よく周りを見渡して思い当たる人物がいないのか考えた方が良いです。嫌がらせをしている本人に注意をしましょう。

ネット誹謗中傷を解決するには、法律に詳しい専門家のサポートを得ることはもちろんのこと、掲示板や情報サイトなどの管理者に働きかけをすることが必要です。

PAGE TOP