特定分野に強いecサイトが売上げを拡大する動き

特定の分野に絞ったecサイトが売上げを拡大

日本のecサイトではあらゆる商品を提供している大手よりも、特定の分野に絞った専門性の高いサイトの方が急成長している状況があります。特定の分野に絞ったサイトでは、大手にはないきめ細やかなサービスを展開することで自社サイトの会員を増やしています。売上げを拡大している特定分野のecサイトとしては、若者を中心としたアパレル商品を販売しているところが挙げられます。自社の社員がアパレル商品のコーディネイトを提案することで、販売を伸ばしています。

中小企業向けの間接資材を販売するecサイト

また、特定の分野で売上げを伸ばしているecサイトとしては、中小企業が使用する間接資材などを販売しているところが挙げられます。これまでの中小企業では、多品種で少ロットの注文をする必要がありました。そのため、実店舗で購入しようとすると、商品の取り寄せに時間が掛かったり、価格が割高になることが起こっています。そこで、間接資材を販売しているecサイトでは28万店といった多品種の商品を取り扱うことで、中小企業のニーズに応えることができています。

海外展開を加速する越境ecサイト

このように特定の分野に絞った通販サイトでは、国内の販売のほかに海外での事業を強化する動きが出ています。国内の事業だけでは、いずれは売上げが鈍化してしまう可能性があるからです。そこで、海外展開として中国や韓国、インドネシアなどの国でもネット通販事業を始めるようになってきています。海外の事業でも日本で培われたノウハウを活用することで、事業を拡大させる試みが行われています。こうした動きは、株式市場でも越境ecサイトとして注目されることが起こっています。

ecサイト構築にはがコストが必要です。まずコストによる構成を考えましょう。松竹梅ですと、松:モールに出店、竹:ASPサービス等によるショップ、梅:専用サーバー上にオリジナルサイト構築、などが一例です。

PAGE TOP