ネットワーク監視の仕事とは

ネットワーク監視の仕事

ネットワーク監視の仕事は、よくインターネット関連の専門職に就きたい人などから、ファーストステップとして選ばれる仕事です。この仕事の中身は、日々のサーバーの監視を行い、定期的に状況を報告したり不具合に対応したりすることです。仕事によっては、はじめは専門的な知識や経験が求められないものもあります。反対に、実戦力として経験豊富な人が必要な現場もあります。監視業務は、このように現場ごとに人材配置などの諸事情があるため、その事情に合わせていろいろな人材が求められています。

この仕事を希望する人は、この点に注意すべき

これからネットワーク監視の仕事に就きたい人は、次の点に注意すべきです。それは、一年を通して夜となく昼となく、サーバーの監視をする仕事だということです。また、サーバーがダウンした場合は、すぐに現場に駆け付けて早急に不具合を解決しなくてはいけません。そのため、会社に一晩中居ることになったり、緊急時に呼び出しがされたりすることもあります。このように、監視業務は、急に忙しくなったり泊まりがあったりするので、それに対応できることが求められます。

応募の前にしておきたいこと

ネットワーク監視の仕事に応募する時は、次のような準備をしておくべきです。それは、ルーター関連やIT職に関わる資格を取得したり、自宅で必要な技術を学習するための環境を作ったりすることです。ネットワーク関連の学習をするだけでなく、学習に必要な機器を用意することも大切です。この職種を目指す人は、サーバーに関する実戦的な知識を自宅で自主的に勉強してゆくためにも、パソコンや周辺機器などを新しく用意すべきです。

ネットワーク内ではトラブルは日常茶飯事となります。誰か何名かサーバーやネットワーク監視、管理する者は常に必要となります。

PAGE TOP