風評被害とその対策について

事実とは異なる情報が流される

インターネットを利用することで、あらゆる情報が素早く入手できます。本来は人々の生活を良くするために進化してきた技術です。しかし、情報伝達の素早さは、良い部分もあれば悪い部分もあります。噂には尾ひれが付きやすく、他人事だからと面白おかしく伝えられてしまうものです。事実と異なる情報であっても、第三者が見れば紛れもない事実のような印象を受けます。風評被害とはこのようなことを指し、対象者は大きな被害を受けてしまいます。

勘違いからも発生する

風評被害の内容はさまざまです。多くの場合は悪意によって情報を流されますが、思い込みのような勘違いもあります。例えば、ユーザーが間違った使用方法で、購入品を破損したとします。今日においては、掲示板やショップの口コミにその場で書き込まれてしまう時代です。否定的な意見を書き込まれてしまった場合、ほかのユーザーが離れてしまう可能性が高まります。信頼が落ちるということは売り上げと利益にも直結しますので、一日も早い対策が必要です。

対策はもっとも良い手段で

風評被害対策については、専門家の力を借りることが望ましいといえます。書き込んだ本人が間違いに気がついて発言を削除したとしても、別のサイトに拡散されている場合はあまり意味がありません。枝分かれのように拡散された情報は、専門に対策を行う業者の助力が必要です。個人で処理に取り組む場合は、拡散されたサイトを探したり管理者に削除要請をしたりと、膨大な作業量がのしかかってきます。法的な知識も必要となりますので、もっとも良い対策をしっかりと検討するようにしましょう。

誹謗中傷対策として、依頼すると会社がコメントなどを監視して消去を代行してくれます。しかし簡単に書き込み出来てしまうので、監視も大変な作業になります。

PAGE TOP